全国心臓病の子どもを守る会 東京北西支部です

みなさま、こんにちは!

東京北西支部の活動をこのブログを通してお知らせしています。
わたくし共の活動については、『カテゴリ』の中の『守る会について』『守る会会則』や、過去の記事をご参照頂ければ幸いです。
ご意見、ご質問などございましたら、
<heart1121@excite.co.jp>
まで、ご連絡ください。
皆さまのご入会、お待ちしております!
[PR]
# by heart1121 | 2013-12-31 11:21 | ごあいさつ

難病・慢性疾患大フォーラム2012

11月24日、東京・日経ホールにて
3回目となる、難病・慢性疾患大フォーラム2012が
開催されました。

難病対策・小慢事業の見直しが行われている最中の開催とあって
患者からの訴えや、シンポジウムでの患者の発言は
より具体的で、アピール性のある内容となりました。
参加者は、450名、守る会からも賛同実行委員団体として
お手伝いと参加をしました。

当日の様子は、ホームページで動画にてご覧いただけます。
http://www.nanbyo.sakura.ne.jp/forum2012/1.html

また、当日の夜には、テレビでの報道もありましたが
ご覧になった方はいらっしゃいましたでしょうか?
サイトでの視聴は下記アドレスから。

テレビ朝日ニュース動画
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/221124026.html
NHKニュース 動画(1週間でリンクが切れます:30日まででしょう)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121124/k10013727191000.html
[PR]
# by heart1121 | 2012-11-26 23:48 | report

横浜支部総会 医療講演会

横浜支部の総会で行われる、医療講演会のお知らせです。


 日 時  6月17日(日) 13時30分~15時

 場 所  横浜ラポール 3階 会議室1
         新横浜駅より無送迎バスあり(時間をご確認ください)
         http://www.yokohama-rf.jp/shisetsu/rapport/

講演者  千葉県循環器病センター 成人先天性心疾患診療部小児科 
                               森島 宏子先生

近年の医療の向上により、先天性心疾患患者の心理的成長の問題点が徐々に取り上げられるようになってきました。
この分野で日夜問題に取り組んでおられる森島宏子先生にお越しいただき、ご自身の経験談を踏まえて、お話いただきます。

当日は保育者も多数確保し、保育も行いますので小さいお子様のいらっしゃるみなさまもお誘い合わせのうえ、どうぞお越しください。
[PR]
# by heart1121 | 2012-06-09 22:02 | information

循環器・呼吸器系医療相談会のご案内

循環器・呼吸器系医療相談会のご案内

東京都難病相談・支援センターでは、循環器・呼吸器の難病で療養されているご本人やご家族の方を対象に、 専門医による個別の医療相談会を実施いたします。

普段の診療時間内では十分に相談することができない症状や病気の説明や最新の治療法などについての医療に関する個別相談です。

ご希望の方は、いますぐ、電話、FAX、葉書などで、お申し込みください。
(事前に個別相談票等をお送りします)
                              記
日  時:平成23年9月25日(日) 12:30~16:30

会  場:東京都難病相談・支援センター
〒150-0012 渋谷区広尾5-7-1 広尾庁舎1F

最 寄 駅:東京メトロ日比谷線 「広尾」駅下車 徒歩3分

定  員:専門医1名につきそれぞれ10名程度(合計30名ほど)(先着順)

実施方法:個別相談票をもとに、専門医による1人20分ほどの個別医療相談を行います。
        事前にソーシャルワーカー等による社会福祉サービスや療養生活の相談も行います。

対象疾患:心筋症(肥大型・拘束型・拡張型)およびミトコンドリア病 など
肺高血圧症、特発性間質性肺炎・サルコイドーシスなどのびまん性肺疾患および
肺リンパ管筋腫症など(平成21年10月に医療助成対象疾患が追加になりました。)
※小児慢性疾患・成人先天性疾患の方の相談も受け付けます。

担 当 医:国際医療福祉大学臨床医学研究センター    
     化学療法研究所附属病院 循環器内科    教授・部長   国枝武義 先生

     東京女子医科大学名誉教授
     東京クリニック小児科           教授      中澤 誠 先生

     都立広尾病院 呼吸器科
(びまん性肺疾患外来担当)        医長      榎本達治 先生


申し込み及び問い合わせ先: 東京都難病相談・支援センター
       電話 : 03-3446-1144 (月~金 10時~16時)
FAX : 03-3446-0221

※FAX・葉書による申し込みの場合は、住所・氏名・電話番号を明記してください。
折り返し、こちらから、ご連絡させていただきます。
[PR]
# by heart1121 | 2011-08-07 22:56 | information

グリーフケア講演会

東京都の難病相談・支援センターより、グリーフケアの講演会の開催予定の情報を頂きました。

ご都合お合わせのうえ、ご参加ください。


日 時 : 平成23年7月9日(土曜日)午後1時30分~

場 所 : 東京都難病相談・支援センター
     〒150-0012 渋谷区広尾5-7-1
  電話 03-3446-0220

 最寄駅 : 東京メトロ 日比谷線 広尾駅 徒歩3分
          (地図裏面に表示)
 テーマ : 近しい人を亡くしたら
          -近親者を亡くした人、そして、そうした方々を支援したいと思う人が
        知っておくと役立つ心のヒントを学ぶ
          -ウィリアム・ウォーデンのグリーフ理論を中心に

 講 師 : 田村 智英子 先生  認定遺伝カウンセラー(米国・日本)
                  元お茶の水女子大学准教授

<演者よりメッセージ>

近しい家族や友人を亡くしたとき、遺された人々には心理的にも身体的にも様々な反応が現れます。愛する家族を亡くした人が深く悲しむのはわかりやすいですが、反目し合っていた配偶者を亡くした人にはそれはそれで複雑な気持ちが生じます。こうした人々の気持ちの整理には年単位の時間がかかるのが普通で、気持ちの整理を簡単に済ますための早道はありませんが、そうした状況における人間の様々な心の動きについて知識として学んでおくと、自分の感情を落ち着いて受け止めることができます。
 多数の遺族と面談を重ねる中で集めた知見を整理し理論としてまとめたウィリアム・ウォーデンの「Grief counseling and grief therapy」は、欧米で最もよく読まれているグリーフ・カウンセリングの教科書の一つです。今回は、この教科書のエッセンスを皆様にご紹介することで、近しい人を亡くした方ご自身、あるいはそうした方々を支援したいのだけれど何と声をかけてよいかわからないと思っていらっしゃる方々に、ご自身やご友人のために役立つ考え方をお伝えしたいと思っています。難しい話はありません。どなたにもご理解いただける身近なヒントとしてお話しさせていただきます。


申込問合せ先   東京都難病相談・支援センター(主催)
                       電話03-3446-1144
                       FAX 03-3446-0221
[PR]
# by heart1121 | 2011-07-03 21:10 | information


全国心臓病の子どもを守る会     東京北西支部のブログです


by heart1121

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ファン

ブログジャンル

画像一覧